モビット増枠口コミ評判ならココ!【2017年版最新情報ナビ】

↓モビット借りるならコチラから!↓





モビットの増額は簡単?


「モビット」は三井住友銀行グループの傘下にある大手消費者金融です。


 


大手消費者金融の審査は、銀行グループの一員と言う事で、他の消費者金融のカードローン審査と比べて、審査が厳しくなると言われています。


 


モビットの審査は「10秒簡易審査」で審査の結果を教えてくれるスピード審査で、10秒で仮審査の結果が出ます。


 


スピード審査だからもちろん即日融資(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)も可能ですし、さらにモビットでは「WEB完結申込」なら「会社への連絡なし」で、申込みから融資まですべての流れをネット上で済ませられます。また「WEB完結申込」は郵送物も電話連絡も無いので、人に知られる事無くお金を借りられます。


 


そんな便利な「モビット」の増額はどうでしょうか。正直なところ、「モビット」の増額審査は、新規申込の審査ほど甘くはありません。増額審査が厳しめとなるのは、モビットに限らず、どの金融会社のカードローンでも増額に関してはほとんど同じと言えます。


 


増額とは

新規申し込み時に融資限度額が決まります。審査によって決められたその枠は、一定期間経過し状況が変化もしくは返済実績が積まれると増枠も可能です。融資限度額の範囲内を自由に借り入れができる、その範囲での追加融資とは違い、”契約で決めた融資限度額を変える”ことになります。


 



↓モビット借りるならコチラから!↓





状況の変化とは

新規申し込み時と、現在では収入や支出の状況が変わっていることが考えられます。収入が上がった、時給が上がったということもあるでしょう。


 


また他社借り入れを完済し、支出が減っているかもしれません。住宅ローンやマイカーローンが終わっているかも、または子供が成人して扶養にかかる費用が少なくなっているかもしれません。


 


収入が上がる、支出が減る、それは増額には非常に有効なポイントです。

 


返済実績とは

新規申し込み時と決定的に違うことが一つ、それは実際に借り入れや返済を行ったという実績です。間違いのない返済をするかどうか、それが確定できていないからこそリスクを考えた融資限度額と金利が設定されています。


 


半年程度実際の利用をすると、「実際の利用」も審査の項目として加わります。確実に返済をしていることだけではなく、借り入れをしすぎてないことなど健全な利用が求められます。


 




増額が50万以上なら


モビットは消費者金融です。貸金業法に基づいているものであり、もちろん総量規制の対象です。総量規制は「個人が貸金業者から借り入れをする総額は年収の3分の1まで」と決められています。そして借り入れる金額が大きくなればなるほど、年収の3分の1に抵触する可能性が出てくるため「収入を証明」しなくてはなりません。


 



  • 1社からの借入金額が50万円を超える場合

  • 貸金業からの借り入れ総額が100万円を超える場合


 


このときに、収入証明書類を提出しなくてはなりません。モビットは、申し込みの必要書類として収入証明書類が決められています。


 


モビットで増額申請の方法は


現在決められている枠を増枠する、そのためには申請をしなくてはなりません。増額申し込みは電話で行います。コールセンターで受付をしており、増額の電話によって審査が開始されます。


 



”オペレーター対応のフリーダイヤル 0120-24-7217 営業時間 9時〜21時”



 


まずは増額申請を電話で行い、そこから審査が開始されます。すぐ増額ができることを期待するかもしれません。モビットの通常申し込みでは審査時間は最短30分です。(*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)モビットに問い合わせてみると「*最短30分」という回答がありますが、実際にさまざまな口コミを見てみると3営業日程度はかかる傾向があります。慌てることのないように、余裕を持った増額申し込みを行いましょう。


 


なぜ増額審査は厳しくなるのか

審査が厳しくなるのは、増額した事で返済できなくなってしまい、返済が出来なくなった事から債務整理をされてしまうような増額リスクに対して、「モビット」や他のキャッシング会社は限度額を増やす事にとても敏感になってしまう為です。


 


キャッシングの新規申込の場合、申込者の人間性がよく分からないと言う理由から、審査で申込者の信用度、つまり「お金を貸しても返してくれるという信用がある人なのか」という点を特に重要視しています。ですから、「信用できる人」と判断されれば、新規申込の審査に通るのは可能になります。


 


一方、増額審査では、利用者の人間性に対する評価はすでに想定済みなので、増額審査では「さらなる信頼性の上積みができるかどうか」と言った観点から審査を行います。


 


ただ、信頼性の上積みを確認するという審査は、簡単に結論を出せるものではありません。つまり、「モビット」に限らず、どこのキャッシング会社でも、増額の可否については、慎重な姿勢を崩そうとしないのです。


 


ですから、必然的に増額審査は、新規申込をした時の審査よりも厳しい目で審査されることになります。「モビット」の増額審査に対しては、金融会社と同じように利用者側も慎重な姿勢で望む事が増額審査に落ちない為の心構えと言っても良いかもしれません。


 


↓モビット借りるならコチラから!↓





モビットの増額審査に通る人



モビットの増額審査に通る人とは、「モビット」が優良顧客として認められる事に尽きると言えます。


 


この「優良顧客」とは具体的にどのような顧客を言うのでしょうか。端的に言うと、きちんと返済してくれて、かつたくさんお金を借りてくれる顧客を優良顧客と認めてもらえます。


 


返済については、「モビット」で、返済の遅延や滞納をしたことのない人です。


 


また借入金額は常に限度額に近いお金を借りる事も重要で、「借入が少ないのならあえて増額する必要もないだろう」と増額審査の担当者に判断されてしまう事もあるので、借入履歴もモビットの増額審査では重要になります。なおかつ、上記のきちんとした返済と借入を少なくとも半年間、できれば1年以上続けましょう。


 


もう一つ重要な事は、他社からの借入も重要項目になります。たとえば、モビットの借入も含めて他社からの借入額を合計して年収の3分の1以上となっている場合、融資限度額がいっぱいになっているので増額審査には通りません。


 


また信用情報機関の個人情報から、増額申請をしている時に、他の金融会社のカードローン利用の履歴があったり、クレジットカードのキャッシング枠の利用履歴があったりすると、増額審査に通るのはとても難しくなってしまいます。そのためモビットで増額を希望するのなら、他社からの借入は控える事が賢明です。


 


増額審査に通りにくい人


「モビット」の増額審査に落ちてしまうような人とは、上記で触れた「増額審査に通るタイプの人」の条件のまったく裏返しの人と考えてよいでしょう。つまり、モビットでの利用履歴において返済の延滞記録があったり、モビットでの借入が殆ど無かったり、かつモビット以外での借入が年収の3分の1以上すでに借り切ってしまっているような人です。


 


さらに初回申込時から職場を変えていたり、年収が減っていたりすると、増額審査に通る可能性は低く、モビットを利用してから6か月未満の人の場合も審査には通らないでしょう。理由は、モビットの利用が3か月や半年未満では「信用の上積みが出来ていない」と判断され増額は厳しいものとなります。





 



カードローン審査明確クレンジングジェル圧倒的クレンジングパーム口コミ評判シースリー川崎駅前口コミ評判シースリー徳島口コミ評判